11月24日 自民党薬事小委員会


久しぶりの開催となった自民党薬事小委員会。テーマは「薬価制度の抜本改革について」です。休日の谷間の金曜日8:00開催にもかかわらず、関心の高いテーマのためか、発言したくてうずうずしていた議員らが大勢集まりました。(小生もその一人?)(会の司会を担当する松本委員長の到着が遅れそうとの情報が直前に入り、あわててピンチヒッター役の準備を。結果は滑り込みセーフ。何とか事なきを得ましたが・・・。)
厚生労働省の説明は、既に22日の中医協で配付された資料に基づくものであり、かつ時間的制約もありあまりにも簡潔。議員のフラストレーションは高まります。多くの議員の発言は、医療機関の経営・将来構想に関する危機感、産業政策的視点の欠如等、厚生労働省の説明にかみつくものばかり。小生も新薬創出等加算の見直し案、薬価毎年改定等につき苦言を。衆院の各委員会が9時開催のため、小委員会は8:45で打ち切りとなりました。先行きが気になります。

月別投稿

[+] 2017年
[+] 2016年
[+] 2015年
[+] 2014年
[+] 2013年
[+] 2012年
[+] 2011年
[+] 2010年
[+] 2009年
[+] 2008年
[+] 2007年
[+] 2006年
[+] 2005年
[+] 2004年
[+] 2003年
[+] 2002年

藤井もとゆきのFacebookページです

藤井もとゆきのTwitter