12月24日 一般会計95兆8823億円


政府は2014年度予算案を閣議決定しました。一般会計95兆8823億円は当初予算としては過去最大のものに。高齢化社会の到来等により社会保障費は30兆円を超えました。一方、新規国債の発行額は13年度より減少し財政健全化も。この大型予算は、13年度補正予算案(5兆4654億円)と合わせ消費増税による景気の落ち込みを最小限にすることを目指すものです。
12月の月例経済報告では4年2ヶ月ぶりに「デフレ」の表現がなくなりました。安倍総理は「デフレ状況ではなくなった。」と。東証株価は一時1万6千円台を回復、6年ぶりとなります。デフレ脱却の証左であれば・・・。

月別投稿

[+] 2017年
[+] 2016年
[+] 2015年
[+] 2014年
[+] 2013年
[+] 2012年
[+] 2011年
[+] 2010年
[+] 2009年
[+] 2008年
[+] 2007年
[+] 2006年
[+] 2005年
[+] 2004年
[+] 2003年
[+] 2002年

藤井もとゆきのFacebookページです

藤井もとゆきのTwitter