4月17日 東電が工程表


東電が福島原発の事故収束に向けての工程表を発表しました。それによると、冷却システムを復旧し、放射性物質の放出を大幅に低減、安定した状態を取り戻すまでの期間は6~9か月と設定しています。そして、工程は約3ヶ月後終了の「ステップ1」と約6~9ヵ月後終了の「ステップ2」の2期に分けられており、当面、水素爆発阻止と高濃度汚染水の排出阻止に重点的に取り組むとのことです。工程表の可能な限りの前倒し実施を期待します。
経産相は記者会見で「避難生活の長期化の恐れ」との認識を示しました。
それにしても政府の工程表はどうなっているのでしょうかね!!・・・・国民は、世界は、それを求めています。

月別投稿

[+] 2017年
[+] 2016年
[+] 2015年
[+] 2014年
[+] 2013年
[+] 2012年
[+] 2011年
[+] 2010年
[+] 2009年
[+] 2008年
[+] 2007年
[+] 2006年
[+] 2005年
[+] 2004年
[+] 2003年
[+] 2002年

藤井もとゆきのFacebookページです

藤井もとゆきのTwitter