4月9日 がん生存率


国立がん研究センターによると、2002~05年にがんと診断された人の10年後の生存率は56.3%、と昨年の調査より0.8ポイント上昇。今回で4回目の発表ですが、生存率は継続して伸びており、新薬の登場や早期発見のよるものと考えられています。ただし、部位別の差は依然として大きく、前立腺がん(95.7%)等は高値を示すものの、膵臓がん(5.4%)、肝臓がん(14.6%)等は低値。対応策の一層の充実強化が待たれます。また08~10年にがんと診断された人の5年後生存率は67.9%とのことです。

月別投稿

[+] 2019年
[+] 2018年
[+] 2017年
[+] 2016年
[+] 2015年
[+] 2014年
[+] 2013年
[+] 2012年
[+] 2011年
[+] 2010年
[+] 2009年
[+] 2008年
[+] 2007年
[+] 2006年
[+] 2005年
[+] 2004年
[+] 2003年
[+] 2002年

藤井もとゆきのFacebookページです

藤井もとゆきのTwitter