5月3日 新型インフル対策、切り札はワクチン


WHOの当局者は、新型インフルに対し、既存のワクチンはほとんど効果を持たないとの見解を示しました。予想されていた判断であり、究極の新型インフル対策は、早期の新ワクチン開発、製造、接種であることが明らかとなりました。WHOをはじめ、アメリカ等の国々でワクチン開発が進められることとなります。わが国においてもワクチン開発を進めることとなりますが、ワクチン製造施設は民間の4機関に限られています。厚生労働省の指導の下、国立感染研と民間4機関とのチームワークに期待しましょう。

月別投稿

[+] 2017年
[+] 2016年
[+] 2015年
[+] 2014年
[+] 2013年
[+] 2012年
[+] 2011年
[+] 2010年
[+] 2009年
[+] 2008年
[+] 2007年
[+] 2006年
[+] 2005年
[+] 2004年
[+] 2003年
[+] 2002年

藤井もとゆきのFacebookページです

藤井もとゆきのTwitter