8月23日 厚生労働白書


2011年版の厚生労働白書が公表されました。それによると、現役世代の6割以上が社会保障制度について「将来の給付水準について不安」とのこと。これに対し白書は、「給付の重点化、制度運営の効率化、安定財源の確保」を訴えています。2年前政治主導を旗印にしてスタートした民主党政権では、声高に年金改革を叫んだ長妻前厚生労働相は運用3号の悪例を残したのみで去り、与謝野大臣を迎え大見得を切った「社会保障と税の一体改革案」は閣議決定もできないままの体たらくでした。ポスト菅はどう対処するつもりでしょうか?
是非政策論争を。

月別投稿

[+] 2017年
[+] 2016年
[+] 2015年
[+] 2014年
[+] 2013年
[+] 2012年
[+] 2011年
[+] 2010年
[+] 2009年
[+] 2008年
[+] 2007年
[+] 2006年
[+] 2005年
[+] 2004年
[+] 2003年
[+] 2002年

藤井もとゆきのFacebookページです

藤井もとゆきのTwitter