村木さん無罪判決

議員案件といわれる偽障害者団体証明書発行事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省の元局長村木厚子被告に、大阪地裁は無罪の判決を下しました。検察の主張を全面的の否定するものであり、供述に頼る特捜検察の手法をも否定したものといえます。(控訴するかどうかは今後決定されますが、)本件捜査の過程等は十分検証されるべきです。

法務省の調査によると、戸籍上「生存」なのに所在不明の100歳以上の高齢者数は23万4354人(内150歳以上は884人)とのことです。「行政事務に支障はない」そうですが、正したら・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA