チリ・救出進む

チリ北部サンホセ鉱山の落盤事故で地下620Mの坑道に閉じ込められた作業員33人の救出劇。その生還第1号となる作業員が、13日未明(日本時間昼)、多くの報道陣・家族等に取り囲まれる救出用穴に現れた引き上げ用カプセル「フェニックス」の中から。良かったですね。
69日間地底で過ごした33人全員の一刻も早い救出を待ちましょう。そして全員のアフター・ケア等と、鉱山の安全対策を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA