ドラフト会議

プロ野球ドラフト会議の1位指名は、12球団全て黄金世代といわれる大学生投手陣に。斉藤(早稲田大)は4球団から日本ハムが、大石(早稲田大)は6球団から西武が、沢村(中大)は巨人、大野(佛教大)は中日が、それぞれ交渉権を獲得です。指名された選手の数は68人、プロの世界での大成を期待しましょう。

昨日も触れましたが、「特会廃止」等大向こう受けの事業仕分け判定が続きます。ポイントは本当にこれら判定結果が適切かどうかの見極めと、法改正も必要とされるこれらの内容を政府はどのように具体化するのかということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA