事業仕分け?

行政刷新会議の事業仕分け作業は、特会対象の第3段へ。特別会計はその予算規模が大きく、その成果を期待する声も小さくありませんが・・・・。
管内閣としては事業廃止、特会統合等の事業仕分け判断に対し、どのように対応するのでしょうか?対処できるのでしょうか?政府が喉から手が出るほど欲しがっている、「埋蔵金」なるものがいくら出てくるというのでしょうか?
それが明らかにされて始めて事業仕分けの成果となるはずです。

昨日突然日本列島を訪問した冬将軍は、東京にも木枯らし1号を、そして高地で見ごろを迎えている紅葉に雪化粧を施しました。春先には時々「桜に雪」の景色を目にしますが、・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA