鳥インフルエンザ

富山県高岡市の動物園で死んだコブハクチョウはH5N1型強毒性鳥インフルエンザだったことが判明しました。北海道、島根に続く今年4例目です。
宮崎大付属病院では入院中の11ヶ月の女児がノロウイルス感染で死亡。ウイルスの活動が活発化する季節です。
充分な予防対策を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA