12月27日 海の向こうでは

予算案は成立したものの、普天間移設問題や違法献金問題、そして数々の公約違反と、ダッチロールが目立ち始めた鳩山政権。一方、アメリカではオバマ大統領が最重要内政課題と位置づけていた「医療保険制度改革法案」が上院で可決されました(24日、60対39)。すでに下院で可決済みの法案との再調整のうえ新法案を作成し、年明けには法案成立となりそうです。世界最大の規模を持つアメリカの医療はどうなるのでしょうか? 注目されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA