2月12日 診療報酬答申

4月1日から適用される診療報酬が、今日「中央社会保険医療協議会(中医協)」から答申されました。詳細については改めてご連絡をさせていただきますが、懸案の医科再診料は690円となりました。調剤料のうち、後発品加算1は6点、2は13点、3は17点。内服調剤料は15日以上21日以下は71点、22日以上31日以下は81点、31日以上は89点となります。一抱化については89点をやめ、一包化加算として、56日以下の場合投与日数が7またはその端数を増すごとに30点を加算した点数、57日以上は270点となります。薬価の大幅な切り下げも併せ実施されます。
薬局経営には極めて厳しい状況が想定されます。困難を乗り越える知恵が求められているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA