2月21日 パンダ来日

2頭のジャイアントパンダが深夜、上野動物園に到着しました。「比力(ピーリー)」と「仙女(シェエンニュ)」の5歳のペア、「リンリン」が死亡した08年4月からの空席を3年ぶりにうずめることとなります。公開は中国側の要請により1ヵ月後となりますが、地元等では経済効果を期待し、歓迎ムードが高まっています。
都が中国に支払う保護協力資金・年間約8千万円、えさ代は高額とか。高い?

有効性に疑問符の付いた「ダーゼン」を、武田薬品工業は自主回収すると発表しました。厚生労働省・審議会は新薬リバスチグミン(アルツハイマー貼り薬;ノバルティスファーマ、小野薬品工業)にゴーサイン、夏には承認の運びとなります。
薬の社会も時代交代?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA